穏やかな五月の日

a0039568_14265984.jpg
18年一緒に過ごした犬の「みるく」が亡くなってしまいました。歳だとはいえ前日まで元気に散歩もして餌も食べていたのが..、突然の悲しみでした。
穏やかな日差しの五月の庭で、私に抱かれながら旅立ちました。妻や子供たちは旅行中で、スマホのカメラの向こう側から「ミルク!ミルク!」と泣きながらの見送りです。工房の前の大きな桜の木(みるくが小さい時に植えて、いつもそこに繋がれていた)、その根元に、狸に掘り返されないように深い深い穴を堀り、藁と草とお花でふかふかのベッドを作ってあげて埋めました。上に大きな石を置き、周りにお花を植え、石の上に以前作った「眠っている姿のみるく」を置いてお墓としました。毎日、「ありがとう、みるく」と手を合わせます。

[PR]
by mil93 | 2018-07-21 14:57
<< タイランド 東京 >>