タイランド

a0039568_15035290.jpg
5月に長女の留学先であるタイへ。次女を頼りに出国。チェンマイ、バンコクを回りました。バンコクは近代化が進んでいて日本と変わらない。しかし、外に出てみると路上で寝ている人や衛生的とは言えない屋台が並んでいてゴミだらけ。交通網が整備されていないので車やバイクの量、人々が、半端なくごった返し。信号もわかりにくく、勇気をもって路を横断しました。湿度温度のある街で、騒がしく活気があり、格差がある都市。
でも なんだかんだ言って最後はにっこりとカップンカーと手を合わせてくれる寛容さがあり、40年位前の日本を思い出しました。
辛すぎるトムヤムクンを食べ、口から肛門までエライことになってトイレで叫んでみても、 又来たいね!と言ってタイを後にしました。

追伸 旅行中愛犬みるくが18歳で永眠しました。LINEでしたが家族の声を聞きながら息を引き取りました。かわいい顔でした。抱いてやれなかったことが心残りです。

[PR]
by mil93 | 2018-08-06 14:28
<< 長い夏だった 穏やかな五月の日 >>